スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Shopgirl / 恋の商品価値

shopgirl_poster3.jpg

バーモントからLAへやってきたMirabelleはSaks Fifth Avenueの手袋売り場で働いている。学生ローンの返済に終われ、決して良いとは言えないアパートに住み、絵を描くことだけが唯一の楽しみ。コインランドリーで出会った風変わりな男Jeremyとはデートをしてみたけど何だか微妙。そんな時、手袋を買いに来た中年男性Rayからディナーの誘いを受ける。


claire_danes3.jpg

The Family Stone(幸せのポートレート)で久々に見たと思ったらなんだかどんどんゴツくなっていくクレア・デインズ(ロミジュリの時のかわいらしさはどこ行った?)&弟ロバートはRooneyのイケメンヴォーカルなのに兄はなんだか気持ち悪いなぁといつも思っているジェイソン・シュワルツマンちなみにまだ25歳(Phantom Planetでドラムやってた時から気持ち悪いのは知ってたけどさ)と原作になっている小説を書いたスティーブ・マーティンが脚本&出演。

この映画を見て思ったことは「ロスト・イン・トランスレーション」っぽいなーってこと。他人と関わらなくても生きていける都会で一人ぼっち。そこで出会った年上のリッチな男性との奇妙な関係。

20代後半でいまだに学生ローンの返済目処が経ってなく、このままLAで毎日同じ生活を繰り返していくだけの人生を送れそうなMirabelle。特に親しい友人もいない。仕事は退屈。ちょっと欝気味な彼女が出会う対照的な2人の男性。始めに出会ったJeremyは自称アーティストで風変わり。いい人なんだけど不器用。Rayは50代で離婚暦ありの紳士。「愛」以外はなんでも与えてくれる。

付き合いはじめの時点でMirabelleはRayからシリアスな関係にはなれないと言われていたのに気がついたときにはもうすっかり彼に依存していて、彼が浮気をしたと知り関係を終わらせます。別れてから久々に会ったJeremyはなんだかいい男になっているし、Jeremyも久々に見たMirabelleに変わったね、と。Rayはそこでやっと大事な人をなくし、もう時はすでに遅いことに気がつく。

人との出会いと別れが人を成長させ、また出会い別れていく。そんな人生のちょっとした時間の映画でした。

色の使い方(退屈な毎日にうんざりしている最初の方は緑が多く使われ、生活に変化か出てくると段々と明るい色が増えていく)や音楽も良いんだけど、カナリ独特な雰囲気。ダメな人のほうが多いかもしれないけど、私はそんな雰囲気がすごく好きだった。

都会の生活に息詰まりそうになっている人、愛って何だろうって思っている人、おすすめです。

Steve Martin
Claire Danes
Jason Schwartzman
Bridgette Wilson-Sampras
Frances Conroy
監督:Anand Tucker

アメリカ 2005年
★★★★☆

Shopgirl/恋の商品価値
Shopgirl/恋の商品価値スティーブ・マーティン アナンド・タッカー

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2007-09-07
売り上げランキング : 10502


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Shopgirl (2005)

【邦題】未定【キャスト】クレア・ディーンズ、スティーブ・マーティン、ジェイソン・シュワルツマン、その他【監督】アナンド・タッカー【上映時間】1時間47分【あらすじ】ビ

shopgirl 恋の商品価値

「shopgril 恋の商品価値」を観た。高級デパートの手袋売り場で、忙しくもなく、とりたてやりがいも感じないミラベルは彼氏もいなくて、お金にもあまり余裕のない暮らし。そんな中、出会ったまったく異なる2人の男性。

映画『Shopgirl/恋の商品価値』

原題:Shopgirl 恋がしたい!ラブロマンス特集のひとつ・・スティーヴ・マーティンがスクリーンに登場すると思わず笑いたくなるし、いつ笑わせてくれるかと期待してしまう・・ けれど、この物語はラブ・ロマンス、彼自身の自作小説を自ら製作・脚本・主演で映画...

コメントの投稿

Private :

色の遣い方とかに気がつくならcinemaのクラスとってみるといいよ!毎回映画見てるだけだし、宿題やんなくてもテスト出来なくても、映画見て毎回ペーパー書いておけばBは確実のはず。映画のペーパーは面白いよ。自分の意見だしね。

amy>
Cinemaのクラスってそーいうこと勉強するんだねー
次の学期2つしか取らないから考えとくわ~

こんにちは~。

この映画、結構よかったですよね。恋に落ちる展開は強引でしたけど、人物描写が妙に生々しくて面白かったです。そうそう、ロスト・イン・トランスレーションっぽかったですね。そして中年男視点としてはブロークン・フラワーズっぽくもありませんでした?

スティーヴ・マーティンじゃなくてビル・マーレイにやらせればよかったのに(笑)

baohさん
おひさですー!
この独特な雰囲気すっごく好きでしたー!キャラクターも独特でリアルでしたよね。この3人のうちどれにもなりたくないけど、どことなくみんな人間味があって引き込まれました。
ブロークンフラワーズ実はまだ見てないんですよー。baohさん結構お好きですよね、いろんな意味で(笑)
スティーブマーチンどうしてもコメディなイメージしかないので紳士役やってもいつかおもしろいことやってくれんじゃないかと思っちゃいます。けど以外とかっこいいオヤジですよねw
カテゴリー
プロフィール

akky

Author:akky
好きな俳優はジョニー・デップ、ガエル・ガルシア・ベルナル、キリアン・マーフィー。

新作を中心に作品のレビューをしています。日本公開前の作品になることが多いのでこのブログで見てみたい映画を発見できる機会になれればいいな、と思います。


SEO対策
Last.fm
My Top Albums
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
443位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋画
45位
アクセスランキングを見る>>
最近の記事
最近のコメント
リンク
メールフォーム
質問などあればどーぞ★

名前:
メール:
件名:
本文:

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。