スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

De ofrivilliga



酔っ払ってコントロールのきかなくなった中学生の女の子2人。長期バスを運営する家族。男だけのパーティーでハメをはずす友人たち。親戚で開かれたパーティーで大怪我を追った老人。同僚による生徒への暴力を目撃してしまった若い教師。スウェーデンの様々な場所、時間に起きている5つのエピソードによるストーリー。



deofrivilliga.jpg


Villmar Björkman
Linnea Cart-Lamy
Leif Edlund
Sara Eriksson
Lola Ewerlund
監督:Ruben Östlund

スウェーデン 2008年
★★★☆☆
ドラマ

IMDbでの評価: 7.2/10


ドキュメンタリーっぽく撮られた5つのストーリー。最後に繋がるとかそういうオチもなかったので結局なんだったのかわからないエピソードもありだったけど・・・どの国も同じような問題抱えてるんだよなぁと。

5つの中でも特に印象強かったのは12~13歳くらい?と思われる女の子2人の話ですね。ウェブカメ、デジカメ覗き込んでダンスをしたりキスをしたり・・・アメリカでもありそうな光景(笑)公共の場で一回り離れているであろう男を挑発したりね。結局は酔っ払って意識を失い危ない目にあいそうになったりで。

スウェーデン語の響きもそうだけど、まったく知らない国の知らない俳優たちを使った映画ってこともあり「映画」を観ているというよりはほんとドキュメンタリーを観ている感じだったな。ストックホルム、夜中に輝く車の行きかうライトとかアートっぽい映像もありでストーリーどうこうとは関係なく映像自体もおもしろかったです。


トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

カテゴリー
プロフィール

akky

Author:akky
好きな俳優はジョニー・デップ、ガエル・ガルシア・ベルナル、キリアン・マーフィー。

新作を中心に作品のレビューをしています。日本公開前の作品になることが多いのでこのブログで見てみたい映画を発見できる機会になれればいいな、と思います。


SEO対策
Last.fm
My Top Albums
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
259位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋画
26位
アクセスランキングを見る>>
最近の記事
最近のコメント
リンク
メールフォーム
質問などあればどーぞ★

名前:
メール:
件名:
本文:

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。