スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脳内ニューヨーク

synecdochenewyork_poster.jpg

劇作家のケイデンはアーティストの妻と一人娘がいるが夫婦関係はうまくいっておらず、病にも悩んでいる。ある日突然、ベルリンへと旅立ち戻らなくなった妻と娘。とある大きな賞を受賞し大金を手に入れた傷心のケイデンは巨大なスタジオに実際のニューヨークの街を作り、自分の人生を脚本にしたプロジェクトを始めていくが、次第に現実と劇の区別が付かなくなっていってしまう・・・



3251730516_6b27e1c2aa.jpg



フィリップ・シーモア・ホフマン
ミシェル・ウィリアムズ
キャサリン・キーナー
サマンサ・モートン
エミリー・ワトソン
ホープ・デイヴィス
監督:チャーリー・カウフマン

アメリカ 2009年
★★☆☆☆
ドラマ

2009年1月10日全国ロードショー

難解だってことは聞いていたので覚悟してみたはずなんだけど・・・

見事にさっーっぱりわからんかったー涙

チャーリー・カウフマン好きなのに・・・監督はしないほうがいいかもねぇ。アイディアは超ぶっとんでてすごいんだけど、それを見る側に伝えきれていないんだよねぇ。あまりにぶっとんでるから撮ってくれる監督いなかったのかしら。

病に悩まされ、家族は去り、愛してくれる女性たちも離れていってしまう。そんな彼が思いついたのが彼自身の人生を脚本にした超大作。数年かけてオーディションをし、何十年も稽古を続けていくのだけど上演されることなく時間だけが過ぎていっちゃう。

ケイデンという人間の苦悩はものすごく伝わってきたんだけど、とにかくわかりずらーい!現実なのか舞台なのか彼もわからなくなっちゃうけど、見てるほうもまったくわからないんだもの。いきなり数年後になってたり、ベルリンに飛んでたり、舞台の中なのか実際なのか。

何回も見て良さがわかる作品なんだろうけど、2度目見ることは・・・数年はないですね。

誰かあの燃えてる家の説明お願いします。


トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

邦題は「脳内ニューヨーク」になったんですね!?
なかなか上手い(笑)。

なかなか作品と同じくらいインパクトある邦題ですよね~日本語でみても理解できなさそう
カテゴリー
プロフィール

akky

Author:akky
好きな俳優はジョニー・デップ、ガエル・ガルシア・ベルナル、キリアン・マーフィー。

新作を中心に作品のレビューをしています。日本公開前の作品になることが多いのでこのブログで見てみたい映画を発見できる機会になれればいいな、と思います。


SEO対策
Last.fm
My Top Albums
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
537位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋画
54位
アクセスランキングを見る>>
最近の記事
最近のコメント
リンク
メールフォーム
質問などあればどーぞ★

名前:
メール:
件名:
本文:

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。