スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Boat That Rocked パイレーツ・ロック



1966年、イギリス―ブリティッシュ・ロック絶頂期。政府は<ロック=諸悪の根源!>とみなし、BBCでのポピュラー音楽の放送を1日45分以下と規制していた・・・ しかし厳しい取り締まりなんてどこ吹く風、海賊放送の"ラジオ・ロック"は北海の真っ只中の船上から24時間ロックを流し続けていた!個性豊かなDJたちが送る破天荒でゴキゲンな日々、そんな彼らが贈るメッセージには皮肉もユーモアも愛情も、たくさんのエネルギーが満ち溢れている。ロックで繋がっていく強い絆は、やがてイギリス中を巻き込み、とんでもない奇跡を巻き起こす!@Cinema Topic Online



the-boat-that-rocked.jpg


ビル・ナイ
フィリップ・シーモア・ホフマン
リス・エヴァンス
トム・スターリッジ
ニック・フロスト
エマ・トンプソン
監督:リチャード・カーティス

イギリス 2009年
★★★★★
コメディ ドラマ

IMDbでの評価:7.6/10

日本オフィシャルサイト



They rocked. They rolled. Then they sank.

2009年の作品で一番楽しみにしていた作品!!

「ラブ・アクチュアリー」のリチャード・カーティス監督ビル・ナイをはじめフィリップ・シーモア・ホフマンリス・エバンスなどの個性派+若手注目なトム・スターリッジ(かわいーー)やタルラ・ライリー(St. Trinian'sでの制服もかわいかった)、トム・ウィズダムなんかも出ていてとにかく見てて楽しかったー。しばらくはThe Kinks聴き浸りだー♪

ロック&ポップを流すのに規制があった60年代。しかし、ノンストップで8人のDJによる海賊放送をしている船があり、そこへ母親から「生活態度を改めるため」に送られたカールを中心とする群像劇なわけなんだけど、60年代のロックをバックにいろんなエピソードがあってそのへんはさすがラブ・アクチュアリーの監督だけあるって感じでした。あれだけ登場人物がいると中身が薄っぺらくなっちゃったりするけど、うまい具合にミックスされていて見終わるころにはお気に入りDJが出来ちゃうくらい(笑)ミッドナイトマークに惚れたもん。

こんなに見ていて楽しい映画は久しぶりって思えるくらいあっという間の2時間でした。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

イギリス映画でこの出演陣じゃぁ、めちゃ観たくなるに決まってるじゃないですか~e-278
60年代の音楽とファッションだけでも楽しそうだし、Trailer観てるだけでも体動いちゃうe-343

こういうビル・ナイの雰囲気 いいよねー、大好きi-278

最近リサーチやチェックあまりできてないので、この作品知らなかったi-238
akkyさんの情報いつもすごく参考になります!

hagiさん>

ほっんとビル・ナイの雰囲気良いですよねー!

見た目めっちゃ紳士って感じなんだけどお茶目でかわいい!

出てくるキャラみーんな愛着わいちゃいくらい濃いキャラでした。

大満足な作品でしたよー!!!

参考にしてもらえて嬉しいです☆
カテゴリー
プロフィール

akky

Author:akky
好きな俳優はジョニー・デップ、ガエル・ガルシア・ベルナル、キリアン・マーフィー。

新作を中心に作品のレビューをしています。日本公開前の作品になることが多いのでこのブログで見てみたい映画を発見できる機会になれればいいな、と思います。


SEO対策
Last.fm
My Top Albums
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
387位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋画
39位
アクセスランキングを見る>>
最近の記事
最近のコメント
リンク
メールフォーム
質問などあればどーぞ★

名前:
メール:
件名:
本文:

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。