スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

A History of Violence / ヒストリー・オブ・バイオレンス

ahistoryofviolence_releaseposter.jpg


アメリカ・インディアナ州の田舎町。小さなダイナーを経営するトム・ストールは、妻のエディや2人の子どもとともに、愛に満ちた幸せな日々を過ごしていた。そんなある夜、彼の店が2人組の強盗に襲われてしまう。そこで隙をついて強盗の銃を奪い取り2人を撃ち倒したトムは、一躍ヒーローとして扱われることに。しかしそのことがきっかけで、彼の過去が明らかとなっていく。@映画生活


A Hisotory of Violence(暴力的な過去を持っている)という題名からもわかるように、とっても理想的な良い父親なトムの暴力的な過去が暴かれていく。そう聞くとよくある題材なんだけど、この映画では妻の葛藤や家族の問題も描かれていたのがポイント。20年信じてきた夫が実は全くの別人だった、なんてそりゃショックでしょう。平和だった家庭&平和な田舎町がベースとなってるだけあって、逆にその状況がトムと正反対なのも良かった。

途中で実はトムはホントにジョーイじゃなくてただの二重人格で...実は妻も何かあったりして、とか色々考えてたんだけどそっち系ではもちろんなかったです(笑)

主演のヴィゴはもちろん、脇役も豪華。特に存在感たっぷりなのはエド・ハリス。この人悪役すっごい似合うよね~ウィリアム・ハートも少ししか出てないのにあの存在感はすごい。


Viggo Mortensen
Maria Bello
Ed Harris
William Hurt
Ashton Holmes
監督:David Cronenberg

ヒストリー・オブ・バイオレンス
アメリカ 2005年
★★★★☆

official site

A History of Violence [Original Score]
A History of Violence [Original Score]Howard Shore Howard Shore

New Line 2005-10-11
売り上げランキング : 28,152


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ヒストリー・オブ・バイオレンス
ヒストリー・オブ・バイオレンスジョン・ワグナー ヴィンス・ロック 石川 裕人

小学館プロダクション 2006-02
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

☆ヒストリー・オブ・バイオレンス☆

ヴィゴ・モーテンセン&マリア・ベロ来日決定!2月22日来日、24日ジャパンプレミア開催☆映画『ヒストリー・オブ・バイオレンス』2006年3月11日公開!!全米・カンヌ映画祭大絶賛にして本年度アカデミー賞2部門ノミネート!…愛は過去の暴力を超えることができるのか?あ

映画 * 『ヒストリー・オブ・バイオレンス』

美しい妻と子どもたちと暮らすトム・ストールの静かな日々は、彼の営むダイナーにふたりの強盗が飛びこんできたときに一変する。暴力を暴力で制したトムの周囲に、血のにおいを嗅ぎつけたように不穏な人物が集まってくる。?温和だったトムの瞳に急に凶暴な光が宿ると、もう

「ヒストリー・オブ・バイオレンス」

「a History of Violence」を観てきました!雨の降る前に、人が少ないうちにと思って東劇の朝イチの回で。館内は半分くらい埋まってたカナ。客層は一人で来ている年配の男性と女性が多く

ヒストリー・オブ・バイオレンス

今年もあと10日で終わりなんて信じらんない!!昨日の X-TRAIL JAM IN TOKYO DOME のテレビ放送見逃した(泣)昼間までは覚えてたのに・・・。超ショック。『ヒストリー・オブ・バイオレンス』あらすじ『トム・ストールとその妻・エディは、...

コメントの投稿

Private :

Not Subject

わ、私も見たいです!この映画!!
エド・ハリスも出ているんですね。彼も好きですvv

しかし見るのはいつになることやら・・・さっぱりさっぱり検討がつきません。早くビバ☆DVDライフを楽しみたいですv

Not Subject

ヴィゴが主演だけに私も見ちゃったのよ~☆やっぱかっこいい!
エド・ハリスっていい味出す俳優さんだよね!スターリングラードの印象がすっごい強い!!
早く見れるといいねー!見たらぜひぜひ感想きかせてね。

Not Subject

TBありがとうございます!
>途中で実はトムはホントにジョーイじゃなくてただの二重人格で...実は妻も何かあったりして、とか色々考えてたんだけどそっち系ではもちろんなかったです(笑)
・・・私もついアレコレ考えちゃいましたが、予想を裏切るシンプルさにビックリしました。主演のヴィゴはもちろんですが、エド・ハリスとウィリアム・ハートをあんなふうに使えるなんて短いけど贅沢な作品ですね~。クローネンバーグは「2回見ると、見方が変わるよ」なんて宣伝?のような事を言ってましたが、乗せられてもう一回見てもいいかもと思っとります。

観ました~

家族の風景がしみじみきました。
それにしても、トム強すぎでは?(^^;)
カテゴリー
プロフィール

akky

Author:akky
好きな俳優はジョニー・デップ、ガエル・ガルシア・ベルナル、キリアン・マーフィー。

新作を中心に作品のレビューをしています。日本公開前の作品になることが多いのでこのブログで見てみたい映画を発見できる機会になれればいいな、と思います。


SEO対策
Last.fm
My Top Albums
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
443位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋画
45位
アクセスランキングを見る>>
最近の記事
最近のコメント
リンク
メールフォーム
質問などあればどーぞ★

名前:
メール:
件名:
本文:

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。