スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベッドタイム・ストーリー



子供の時に、父親が経営困難で手放したホテルで現在働いているスキーター。教師をしている姉の子供2人の面倒を1週間見ることに。寝つかせるために彼自身が父親にしてもらったように姪っ子たちへ「ベッドタイムストーリー」を聞かせるが、次の日話したことが現実に起こってしまう・・・




アダム・サンドラー
ケリー・ラッセル
ガイ・ピアース
コートニー・コックス
ラッセル・ブランド
ロブ・シュナイダー
監督:アダム・シャンクマン

アメリカ 2008年
★★☆☆☆
ファンタジー
IMDbでの評価:6.3/10



アダム・サンドラーってことで今回も楽しみにしてたんですが、ディズニー映画なのでいつもの彼のコメディを期待して見ると微妙かも・・・基本的に子供向けってそりゃディズニーだから当たり前なんだけど、去年の「魔法にかけられて」が特別良かっただけに期待してたんです。

子供たちに話したことが本当になるー!ってことで自分に都合のいいようにストーリーを作るんだけど実際に起こるのはあくまでも「子供たち」が進めたストーリーの部分だけ。最後の「スキーターに火が燃え移って消えちゃう」っていうオチが実際だと「fired (クビ)」はうまいなーと思ったけどね。

ラッセル・ブランドはディズニー映画じゃ魅力ぜーんぜん発揮できないっしょー。もったいない(笑)


トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

コメントの投稿

Private :

カテゴリー
プロフィール

akky

Author:akky
好きな俳優はジョニー・デップ、ガエル・ガルシア・ベルナル、キリアン・マーフィー。

新作を中心に作品のレビューをしています。日本公開前の作品になることが多いのでこのブログで見てみたい映画を発見できる機会になれればいいな、と思います。


SEO対策
Last.fm
My Top Albums
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
259位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋画
26位
アクセスランキングを見る>>
最近の記事
最近のコメント
リンク
メールフォーム
質問などあればどーぞ★

名前:
メール:
件名:
本文:

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。