スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

American Teen アメリカン・ティーン



インディアナ州ワルシャワは典型的なアメリカ中西部の地方都市。そこにある高校に通う生徒もまた、どこにでもいるようなティーンたち。体育会系の花形選手、みんなが憧れるプリンス、女子に人気のイケメン、アート志向の女の子、誰からも相手にされないオタク…。完全なヒエラルキーの中で学園生活を送る彼らにとって、学校は社会の縮図といえる。個性や才能は違っても、それぞれ悩みを抱えて精一杯生きているのは皆同じなのだ。@Goo映画





ジェイク・トゥッシー
メーガン・クリズマティック
コーリン・クレメンズ
ミッチ・ラインホルト
ハンナ・ベイリー
監督:ナネット・バースタイン

アメリカ 2008年
★★★★★
ドキュメンタリー



アメリカン・ティーン [DVD]
アメリカン・ティーン [DVD]ジェイク・トゥッシー, メーガン・クリズマティック, コーリン・クレメンズ, ミッチ・ラインホルト, ナネット・バースタイン

パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン 2009-03-06
売り上げランキング : 12277


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
アメリカ中西部にある小さな町ワルシャワに住む5人の高校3年生をメインにしたドキュメンタリー作品。ブレックファスト・クラブのパクりのポスターを見てからずーーーっと見たいと思ってました!日本でもこの秋公開されてたんですね。

アメリカの学園モノを見て留学したいなーと思っていたわけなのでこういう系は無条件に好きだわ。私がいたカリフォルニアとは全然違う小さな町で住んでる人ほとんど白人で金持ちもいれば、厳しい家庭環境の子達もいるようなところ。だからこそ彼らにとって高校が「社会」そのものなわけであって。そんな小さな世界から外の世界へと羽ばたくことになる「大学進学」という大きな人生の転機を迎えようとしている彼ら。

あーいう小さな社会って比べるとしたら日本の中学校と似ているかなーと。幼稚園、小学校と一緒だった子たちとそのまま地元の中学に上がった私としてはそのときのことを思い出しました。みんな別々の学校へ進むことになった高校に入る前のことをね。

見た人みんなどこかしらこの映画に出てくる子たちと同じ気持ちを抱えてた時期があると思う。特にハンナの行ったことのない憧れの大都会LAに夢を膨らませるってのは留学前の自分とかぶるものがありかなり彼女に感情を入れながら見てました。やっと夢が叶う!って時も急に不安になったりしてて。

前向きになれる映画ではないけれど、昔持っていた将来への希望を忘れたときにふと見たくなる作品になりそうです。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

カテゴリー
プロフィール

akky

Author:akky
好きな俳優はジョニー・デップ、ガエル・ガルシア・ベルナル、キリアン・マーフィー。

新作を中心に作品のレビューをしています。日本公開前の作品になることが多いのでこのブログで見てみたい映画を発見できる機会になれればいいな、と思います。


SEO対策
Last.fm
My Top Albums
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
471位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋画
45位
アクセスランキングを見る>>
最近の記事
最近のコメント
リンク
メールフォーム
質問などあればどーぞ★

名前:
メール:
件名:
本文:

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。