スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Let The Right One In



スウェーデン、ストックホルムに住む12歳のオスカーは学校でいじめられていて雪の降る夜中に復讐の予行練習をするのが日課になっている。そんなある晩、隣の部屋に引っ越してきた同じ年の女の子Eliと知り合い友達になる。お互い惹かれあっていくがEliから彼女は200年以上生きているバンパイアだと告げられる。Eliのために夜な夜な殺人を犯しては血を与えていた父親のような存在であるHakanがいなくなった今、血が必要なEliの正体を知っているものはオスカーだけになる・・・


LET THE RIGHT ONE IN



Kare Hedebrant
Lina Leandersson
Per Ragnar
Henrik Dahl
監督:Tomas Alfredson

スウェーデン 2008年
★★★★★
ホラー 

IMDbでの評価: 8.5/10

数々の賞を受賞・IMDbでの評価も8.5とバンパイア映画にしては評価高すぎじゃないの?ってことで気になってたんで見てみました。もうねぇこういう雰囲気の映画大好きです。悲しくて美しくて救われないの。

200年以上12歳の少女として生きているバンパイアのEli。自ら人間を襲うことはせず、一緒に町を転々としているHakanが殺人を犯してはEliに血を与えている。そんな彼女に恋をしてしまうのがいじめられっこのオスカー。母親に顔の傷を指摘されても心配させまいと何も言わない心優しい男の子。彼もHakanのように一生12歳でいるEliのもとで老いていき、いつかは自分までもを彼女に奉げるのかと思うとオスカーの選んだ運命が過酷過ぎて落ち込むラストでした。

クロバーフィールドのマット・リーヴス監督によってリメイクが決定しているようだけど・・・リメイクしなくていいって。あの雰囲気はハリウッドには出せないでしょう。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

コメントの投稿

Private :

これやっとレンタルして観ました!
ほんと美しくて透明感のある切ない映画でした。
大好きです。

でも観終わって知ったんですけど、これ日本公開版では、エリの着替えのシーンを覗いてしまうところ
肝心のキーポイントの部分がモザイクというか、消されててツルっとした状態なんですよ~i-238
そんなモザイクありえませんよね!
すごく大事なポイントなのに。。。
私もそれ知るまでモザイクかどうかもわからなくて
そういうツルっとした状態なんだと解釈してしまったーi-195
映倫のおじさんたち、もっと映画を知ってからそういうことしてほしいi-192

hagiさん

えーーー日本版モザイクかかってるんですか?!
なんかそれって違いますよね・・・アートと法律って別物だと思いますし、それもすごく重要なシーンなのに。
ハリウッド版もそろそろ日本公開のようですが、見るの怖くてまだ見てません。たぶん一生見ないかな・・・
カテゴリー
プロフィール

akky

Author:akky
好きな俳優はジョニー・デップ、ガエル・ガルシア・ベルナル、キリアン・マーフィー。

新作を中心に作品のレビューをしています。日本公開前の作品になることが多いのでこのブログで見てみたい映画を発見できる機会になれればいいな、と思います。


SEO対策
Last.fm
My Top Albums
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
387位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋画
39位
アクセスランキングを見る>>
最近の記事
最近のコメント
リンク
メールフォーム
質問などあればどーぞ★

名前:
メール:
件名:
本文:

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。