スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Wristcutters: A Love Story

505643~Wristcutters-A-Love-Story-Posters


彼女に振られたショックで手首を切り自殺をしたZia。気がついたとき彼は「自殺をした人だけ」が住む死後の世界にいた。コンサート中に自分のギターにビールをかけて自殺をしたというロック歌手のEugeneとバーで知り合ったZiaは振られた彼女も同じく自殺をしたと聞き、Eugeneと共に彼女を探す旅へと出る。途中ヒッチハイクをしていたMikalも加わり3人の死後の世界でのロードトリップが始まる・・・






Patrick Fugit
Shea Whigham
Shannyn Sossamo
監督:Goran Dukic

アメリカ 2007年
★★★☆☆
コメディ

IMDbでの評価:7.5/10

Life is a trip, but the afterlife is one hell of a ride.

自殺をしてたどり着いた死後の世界でのロードトリップ・・・自殺をした人だけが住むその世界の住人みんなが「生きていたときの世界よりひどい」ということ。汚いバーで夜を過ごし、かったるいピザ屋でのバイト。生きているのが嫌で自殺をしたのに死んだあとの世界はもっとひどいなんて(笑)

主人公のZiaは彼女に振られて自殺を図ったものの彼女に未練たらたらでぼーっとしては昔の幸せだった日々を思い出している。彼の旅のパートナーとなるEugeneはなんと家族全員自殺しちゃったために死後の世界でも家族みんなそろって生活している。そしてMikalは「間違って」自殺しちゃった女の子。そんな奇妙な3人によるロードトリップなんだけど設定がすごくおもしろいのにロードトリップが始まってからちょっと退屈に・・・ラストシーンは賛否両論あるみたいだけどいきなりロマンチックになって私は好きでした。

主人公演じた「あの頃ペニーレインと」のパトリック・フュジット。留学していたカレッジで彼が映画の撮影をしていて一緒に写真を撮ったことがあるんですがこういうindependent系で活躍してる俳優さんとしては結構好きなほうです。本人めちぇめちゃシャイだったけど。ちなみにペニーレインは大好きな映画です。グルーピーに憧れたほど(笑)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

これ、近くの映画館ではやってなくて、見逃してしまったので、DVD発売を待ってます。楽しみ~♪
カレッジで映画の撮影なんて、さすがLA!

suikerさんお好きなタイプの映画だと思いますよー(ってえらそうに聞こえてしまったらごめんなさい)
結構うちのカレッジで撮影していることが多く撮影現場を見るとかなりミーハーに追っかけしてましたw
カテゴリー
プロフィール

akky

Author:akky
好きな俳優はジョニー・デップ、ガエル・ガルシア・ベルナル、キリアン・マーフィー。

新作を中心に作品のレビューをしています。日本公開前の作品になることが多いのでこのブログで見てみたい映画を発見できる機会になれればいいな、と思います。


SEO対策
Last.fm
My Top Albums
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
420位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋画
42位
アクセスランキングを見る>>
最近の記事
最近のコメント
リンク
メールフォーム
質問などあればどーぞ★

名前:
メール:
件名:
本文:

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。