スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Atonement つぐない




1930年代、戦火が忍び寄るイギリス。政府官僚の長女セシーリアは、兄妹のように育てられた使用人の息子、ロビーと思いを通わせ合うようになる。しかし、小説家を目指す多感な妹ブライオニーのついたうそが、ロビーに無実の罪を着せ、刑務所送りにしてしまう。
@シネマトゥデイ


james_mcavoy4.jpg


James McAvoy
Keira Knightley
Saoirse Ronan
Brenda Blethyn
Vanessa Redgrave
監督:Joe Wright

イギリス 2007年
★★★★☆
ドラマ

IMDbでの評価:8.1/10

ゴールデングローブ賞作品賞(ドラマ部門)を含む7賞受賞、41賞ノミネート



1人の少女による嘘により運命を劇的に変えられてしまう恋人たちと、一生その罪をつぐないながら生きていく少女の物語。中盤少し退屈してしまったけど成長してからのブライオニーが出てきてからのストーリー展開にはさすがに泣けた。映画全編で使われる時間を少し前後しての展開の仕方にもラストを観てから納得。悪意を持ってついたわけではない「嘘」であり、あの時代じゃなかったら起こっていなかったはずの展開でもあって誰も攻めることができないのもまた皮肉だなぁと。悲しすぎる。

先日のゴールデングローブ受賞もそうですが、アカデミー賞も楽しみな今作。ジェームズ演じるロビーはもちろん、彼以上に大きな存在感を残す少女時代のブライオニー。歳の離れた姉と密かに恋心を抱いているロビーへの嫉妬からその後の運命を狂わせる嘘を付いてしまう彼女。少女らしさも持ちつつどこか「恐ろしい」雰囲気も醸し出していて。

2時間とそこまで長い作品ではないのにものすごく長く感じてしまったのは中盤の戦争シーンのせいかな・・・あそこで伸ばしたからこそラストの感動があるんだろうけど、正直きつかったです。

あの手紙の文字C**Tがアップで映し出されるシーンは思わず笑っちゃったけどね。あれ日本語ではどう表現するのかしら・・・




トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2008年に観たい映画:2

Atonement2008年GW

「つぐない」Atonement 感想 4つ★

2007年度映画の英国アカデミー賞で、凄く沢山の受賞をしたとのことですが、なるほど・・と思う部分と(アメリカの賞じゃなくて、イギリスのだ...

Atonement 「つぐない」

格式高いアカデミー会員が好きそうな英国産の悲恋物語がAtonement(つぐない)。 シーンの導入部分にタイプライターの音がオーバーラップする懐かしい構成と光を上手く使った映像が印象に残る秀作です。イギリス郊外のディナージャケットとシルクと煙草が残るお屋敷で、K...

新作情報2/11 『つぐない』

Mhb vol.711 2008年02月11日 19時19分 発行  今日取り上げるのは『つぐない』です。  来月に行われる第80回米アカデミー賞で7部門にノミネートしている、ラブストーリー。原作はイギリスのベストセラーの『贖罪(しょくざい)』。主演は、パイレーツシリーズのキー...

Atonement (2007)/つぐない

【邦題】つぐない(2008年4月12日公開) 【あらすじ】1935年の英国。広大な邸宅で恵まれた生活を送る13歳のブライオニー(シアーシャ・ローナン)...

つぐない

To A Visual Stimulus 【Story】 1935年の英国。広大な邸宅で恵まれた生活を送る13歳のブライオニー(シーアシャ・ローナン)は、ある週末、姉のセ...

「 つぐない / Atonement (2008) 」

【つぐない】2008年4月12日(土)公開 監督 : ジョー・ライ...

つぐない

☆FC2ブログランキング☆ & ☆人気blogランキング☆ ↑今日も1クリックで応援ありがとう~☆↑ 今日の1本は「Atonement」(邦題:つぐない)から。 1930年代、戦火が忍び寄るイギリス。政府官僚の長女セシーリア(キーラ・ナイトレイ)は、兄妹のように育てられた使

『つぐない』

監督:ジョー・ライト CAST:キーラ・ナイトレイ、ジェームズ・マカヴォイ、シアーシャ・ローナン 他 ゴールデングローブ賞 作品賞、...

つぐない/Atonement

壮大なメロドラマを観ているよう。しかし、ありきたりのメロドラマでなく、最後に作家として名を成した77歳のブライオニー(バネッサ・レッド...

『つぐない』

□作品オフィシャルサイト 「つぐない」□監督 ジョー・ライト □原作 イアン・マキューアン「贖罪(新潮社刊)」?□脚本 クリストファー・ハンプトン □キャスト キーラ・ナイトレイ、ジェームズ・マカヴォイ、ロモーラ・ガライ、シーアシャ・ローナン、ブレンダ・

つぐない

【映画的カリスマ指数】★★★★★  ”無邪気な悪意”が招いた運命の贖い  

黒い嘘、白い嘘。『つぐない』

嘘をついた少女が罪の重さを背負って生きる物語です。

パリ、恋人たちの2日間

ブロガー試写会に招待されました。(^^) ニューヨーク在住のフランス人写真家のマリオンと アメリカ人のインテリアデザイナーのジャックは付き合って2年。 ちょっと倦怠ぎみ。 二人はベネチア旅行の帰りにパリのマリオンの実家に立ち寄る。 彼女の家族に会ったジ

コメントの投稿

Private :

ネタバレの質問

初めてコメントさせていただきます。
シンガポール在住のsuekichiと申します。
今日「Atonement」観て来ました。
ブライオニー役は三人とも良かったですね。
アカデミーノミニーのシアーシャ・ローナンもですが、個人的にはロモーラ・ガライがいいですね。
ところで、英語力が不足しており、なおかつ、時間軸をずらした構成だったので少し混乱したのですが、最後、ブライオニーがセシーリアを訪ねるとそこにロビーがいましたが、あの場面は結局現実のものではなかったのですよね?二人は結局二度と会うことなく1940年に別々の場所で死んでしまったのですよね?間違ってます?ちょっと自信がないもので…教えてください

suekichiさん
はじめまして。
ご質問の部分ですが、そうです2人とも戦争により亡くなっています。最後に歳を取ったブライオニーがインタビューで言っていたように「せめて本の中でだけでも幸せになって欲しい」という思いからあのシーンがあったんだと思います。
そっかぁ戦争から帰ってきて再会できたんだ!よかった!と思っていただけにショックでした。
カテゴリー
プロフィール

akky

Author:akky
好きな俳優はジョニー・デップ、ガエル・ガルシア・ベルナル、キリアン・マーフィー。

新作を中心に作品のレビューをしています。日本公開前の作品になることが多いのでこのブログで見てみたい映画を発見できる機会になれればいいな、と思います。


SEO対策
Last.fm
My Top Albums
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
342位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋画
35位
アクセスランキングを見る>>
最近の記事
最近のコメント
リンク
メールフォーム
質問などあればどーぞ★

名前:
メール:
件名:
本文:

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。