スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Children Underground




1966年に中絶と避妊が禁止されたルーマニアでは望まれない子供たちが増え2万人もの子供たちが路上で生活をしている。首都ブカレストの地下鉄の駅に暮らす8歳から16歳の5人の子供たちに密着したドキュメンタリー作品。


監督:Edet Belzberg

アメリカ 2001年
ドキュメンタリー
IMDbでの評価:8.3/10
2002年度アカデミー賞最優秀ドキュメンタリー賞ノミネート作品。

インドの売春窟の子供たちに密着したドキュメンタリー作品売春窟に生まれついてにも衝撃を受けたけど、この作品は最初から最後まで悲しくてショッキングでやるせない気持ちになりました。

親からの虐待、貧困により自ら路上生活を望んで都心へとやってくる子供たち。首都ブカレストの地下鉄駅構内にはそんな子供たちがダンボール一枚をベッドにし共同で暮らしている。

「こうしていればお腹がすいてることなんて忘れちゃうから」とドラッグ片手に語る彼ら。10歳の女の子が他の子のドラッグを盗り数人に暴行される。そんな衝撃的な映像がナレーションなしに画面に映し出される。

密着した子供たちの中でも印象に残っているのが8歳のマリアンと姉である10歳のアナ。郊外にある実家へと向かうが母親から出た言葉は「戻ってきてもいいけどうちには養うお金がないし・・・」子供を路上生活へと送らなくてはいけないほどの貧困に悩まされている現実。子供たちにとっても食べ物がない実家よりも都心へ出て食べ物、お金をねだりドラッグをやり現実逃避するほうが楽なのだ。

将来への希望が全く見えない彼らの生活。背を向けたくなるような現実だけど実際に起きているのだ。このような映画を見るたびにやるせない気持ちとなると同時に、知れるきっかけを作ってくれてありがとう・・・という気持ちになる。




トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

かなり落ち込みました。

こんにちは、akkyさん

私もかなり前に観ましたけど、もう地の底まで沈みました。 不幸な子供たちを撮ったドキュメンタリーはたくさんあるけど、私をあそこまで救われない気持ちにさせる映画は他に無いです。
なるべく多くの人に観てもらいたいのに、日本未公開なんて納得いきませんよね。

Sycoさん>
ものすごく衝撃的でした。彼らのこれからを思うとかわいそうで・・・あのままドラッグをやり続け廃人になって誰からもかわいそうと思われることなくいつの間にか死んでしまうのでしょうか。やるせないですよね。
くだらないコメディを公開する前にこういった作品をもっと日本でも公開してほしいです。
カテゴリー
プロフィール

akky

Author:akky
好きな俳優はジョニー・デップ、ガエル・ガルシア・ベルナル、キリアン・マーフィー。

新作を中心に作品のレビューをしています。日本公開前の作品になることが多いのでこのブログで見てみたい映画を発見できる機会になれればいいな、と思います。


SEO対策
Last.fm
My Top Albums
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
274位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋画
28位
アクセスランキングを見る>>
最近の記事
最近のコメント
リンク
メールフォーム
質問などあればどーぞ★

名前:
メール:
件名:
本文:

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。