スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぜんぶ、フィデルのせい

Blame It on Fidel



1970年代のパリ。弁護士の父と雑誌記者の母を持つアンナは、名門のカトリックスクールに通うお嬢様。しかし、スペインで反政府活動を行っていた伯父の死をきっかけに、父と母は社会的良心に目覚め、アンナと幼い弟を残してチリへ旅立ってしまう。チリから帰ってきた両親は共産主義になっていて、アンナと幼い弟の生活は一変してしまう。



Julie Depardieu
Stefano Accorsi
Nina Kervel
Benjamin Feuillet
Gabrielle Vallieres
監督:Julie Gavras

イタリア・フランス 2006年
★★★★☆
ドラマ 

IMDbでの評価:7.6/10

幼い少女の目を通し共産主義へと目覚めてしまった両親とすっかり変わってしまう生活を描いた作品。シリアスな映画かと思っていたらどこかかわいらしさのある作品で引き込まれました。

フランスに吹き荒れた革命の嵐に巻き込まれてしまうアンナの家族。共産主義を称え今起きているすべてのことを変えようとする。とても極端な考えに唖然としてしまうんだけど巻き込まれてしまったアンナのほうはとんでもない!って感じで小さいながらも自分というものを持っていてとってもスマート。一方、小さな弟はいきなり起こる身の回りの変化にもあっさり溶け込んでしまいこの2人の対照的な描き方もうまいなーと思った。

今まで正しくて当たり前だったことがいきなり間違ったことになってしまう状況におかれ疑問を持ちつつも結局は少しずつ影響され、変化していくアンナ。子供の目を通して描かれる変化といえば最近見たThis Is Englandも素晴らしかったけど作品の作りはこちらのほうが丁寧な印象を受けました。

日本でもお正月公開予定。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【2008-66】ぜんぶ、フィデルのせい(La Faute a Fidel!)

人気ブログランキングの順位は? フランスからやってきた、仏頂面の小さなヒロイン 9歳のアンナが理不尽な大人とフィデル・カストロに宣戦布告? やっぱり大人は判ってくれない

コメントの投稿

Private :

わーい、これ観たんだね。
akkyちゃんも気に入ってくれるだろうなーって思ってた。
本当に両親の変化の早さにはびっくりだったよね(笑)
両親がペルーから戻ってきた後の変化に戸惑うアンナがなんとも面白かった。
下手に大人びてて、可愛くないこというけど、そんなところがまた可愛い。

This is Englandは今夜見る予定。

あすかちゃんへ

旅行から帰ってきたらヒッピーになってたなんてマジで子供としてはびっくりというか衝撃的だよね。お父さんなんて全然面影ないくらい変わっちゃったし!前の生活に戻れるようにって一生懸命電気節約するアンナが健気でかわいかったよー生意気そうな顔してるから余計かわいく見えた!
将来は美人になるだろうねー弟君もすっごいかわいかったし!
作品の好みとしてはThis Is Englandのほうが好きだけど一つの作品として評価するんだったらこっちのほうがよく出来てたと思う。
カテゴリー
プロフィール

akky

Author:akky
好きな俳優はジョニー・デップ、ガエル・ガルシア・ベルナル、キリアン・マーフィー。

新作を中心に作品のレビューをしています。日本公開前の作品になることが多いのでこのブログで見てみたい映画を発見できる機会になれればいいな、と思います。


SEO対策
Last.fm
My Top Albums
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
335位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋画
37位
アクセスランキングを見る>>
最近の記事
最近のコメント
リンク
メールフォーム
質問などあればどーぞ★

名前:
メール:
件名:
本文:

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。