スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麦の穂をゆらす風




1920年、アイルランド。英国による支配からの独立を求め、若者たちが冷酷な英国軍に立ち向かうために義勇軍を結成する。ダミアンもまた医者としての将来を捨て、兄テディと共に過酷な戦いに身を投じていく。彼らの激しいゲリラ戦は英国軍を苦しめ、ついに彼らは独立を手にし和平条約にこぎつける。やっと訪れた平和もつかの間、条約の内容をめぐる支持派と反対派の分裂は内戦へと発展する。それは共に戦ってきた同志たちが互いを敵に回す、さらなる流血の戦いを意味していた。やがてその戦いは、ダミアンとテディの兄弟の絆にも暗い影を落としていく…@シネアミューズ


Cillian Murphy
Liam Cunningham
Padraic Delaney
Gerard Kearney
Orla Fitzgerald
監督:Ken Loach

アイルランド・イギリス 2006年
★★★☆☆
戦争 ドラマ

IMDbでの評価:7.7/10
カンヌ国際映画祭PALME D'OR受賞他、計5賞受賞 18賞ノミネート
やっとアメリカでも 発売しました。カンヌで上映されてから待つこと1年・・・キリアンたんの作品なのでいろんなとこで感想読んでよく見かけた「もう一度見るのは辛い」という言葉。見終わって納得。いろんな意味で2度目の鑑賞はないなって感じですぶっちゃけ好きじゃなかったです。と言うのもそもそも戦争映画自体好きじゃないのよねぇ。いくらキリアンとは言え内容的には・・・戦争映画だねぇって感じ。あたりまえか。

愛するものを奪われる悲劇をなぜ人は繰り返すのだろう

監督が言いたいことはとても伝わってきた。歴史上幾度となく繰り返されている戦争。時には他国同士、そして時には国民同士。決してなくなることのないこの悲劇を繰り返しながら人類は歴史を築いてきている。

今まで見ることのなかった種類のキリアンの役どころ。注目されるだけあります。好きな作品とは言えないけれど強烈なインパクトを残し、心にずしりとくる作品でした。


トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

カテゴリー
プロフィール

akky

Author:akky
好きな俳優はジョニー・デップ、ガエル・ガルシア・ベルナル、キリアン・マーフィー。

新作を中心に作品のレビューをしています。日本公開前の作品になることが多いのでこのブログで見てみたい映画を発見できる機会になれればいいな、と思います。


SEO対策
Last.fm
My Top Albums
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
420位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋画
42位
アクセスランキングを見る>>
最近の記事
最近のコメント
リンク
メールフォーム
質問などあればどーぞ★

名前:
メール:
件名:
本文:

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。