スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Girl in the Café ある日ダウニング街で




アイスランドの首都・レイキャビクで開催されるG8サミットに乗り込もうと奔走する、財務省の官僚・ローレンス。そんな彼がダウニング街のカフェで魅力的な女性ジーナと出会う。心に孤独を抱えていた2人は徐々に関係を深めていく。ローレンスは勇気を振り絞り、G8サミットにジーナを誘うことに。彼女は快諾するも、レイキャビクのホテルがいっぱいで、彼らは仕方なく部屋を共にすることになる。やがてサミットが開催。世界的な貧困の克服を議題とし、各国の代表団がそれぞれの利害をぶつけ合うその場所で、ジーナはある行動に出る…


Bill Nighy
Kelly Macdonald
Meneka Das
Anton Lesser
監督:David Yates

イギリス・アメリカ 2005年
★★★★☆
ドラマ



かなーり昔にあすかちゃんところでレビューを読んでからずーっと観ようと思っていた作品。ケリー・マクドナルド目当てだったんだけど意外なことにビル・ナイに惚れました。

もぉねー素敵なの。見た目紳士っぽくて素敵なおじさまって感じなんだけど、実際は仕事以外はダメダメ感が私のどツボでした。ジーナと初めて会ったカフェのシーンでもあのキョドり具合がたまらなくかわいくて。ジーナの正面に座れないなんとも謙虚というか情けない性格が可哀そうなくせに逆にかわいらしい。椅子に座るシーンとかもちょっと猫背なせいで影背負ちゃってるように見えてきちゃうし。けどそんな姿も胸キュンだったり。えーあんな親父に胸キュンはねーだろーって思うだろうけどやられちゃう人多いはず!

ストーリー展開としては映画ならではだなぁ、といった感じなんだけどビル・ナイの情けないけどかわいらしいオヤジを見るだけでも満足な作品です。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

そんな邦題だったのね!
知らなかった。

あきなちゃん、実はへタレ好き?(笑)
確かに情け可愛いおじさまだったよね。

ビル・ナイの 情けなくて哀愁漂うかんじ、大好きです。
スティーブン・レイたちと、 再結成した中年ロック・バンドのボーカルをやっていた "Still Crazy" でのだめだめっぷりも、
ちょっとわがままで 無理に突っ張っていて なんかどこかずれていて、哀愁ただよいまくりで好きでしたi-185
ついでに..ケリー・マクドナルドのしゃべり方、あの発音・アクセントがなんか好き。

あすかちゃん

へタレ好きというか、ビル・ナイがあえてへタレだったからほれたのよぉ!もとからヘタレなルックスの人がヘタレやっても胸キュンにはならんぞ(笑)
てか、邦題さぁ、ダウンニング街なんて言葉一言も出てこないとおもったんだよねぇ。でてきたのかなぁ。

hagiさん

そうそう、哀愁漂う感じ!まさにそこがツボでしたー!!
Still Crazyって初耳です!スティーブン・レイとはこれまた濃い役者さんですねぇー。機会があれば観てみますね!!!
ケリーほんとかわいいですよね。あのアクセント私も大好きです。
カテゴリー
プロフィール

akky

Author:akky
好きな俳優はジョニー・デップ、ガエル・ガルシア・ベルナル、キリアン・マーフィー。

新作を中心に作品のレビューをしています。日本公開前の作品になることが多いのでこのブログで見てみたい映画を発見できる機会になれればいいな、と思います。


SEO対策
Last.fm
My Top Albums
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
414位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋画
40位
アクセスランキングを見る>>
最近の記事
最近のコメント
リンク
メールフォーム
質問などあればどーぞ★

名前:
メール:
件名:
本文:

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。