スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Number 23 ナンバー23




ウォルターは、妻アガサと共に訪れた、とある古本屋で「The Number 23」という殺人ミステリー小説を見つける。ウォルターの誕生日プレゼントとしてアガサが買ってあげたこの本に書かれている「23」という数字は、ウォルター自身の人生につながっていることを感じ始める。アガサと出会ったときの年齢、誕生日、免許証をはじめ、ウォルターの周りのあらゆるものは23で埋め尽くされている。ただの偶然で片付けられなくなり、ウォルターは次第に正気を失い始める。







Jim Carrey
Virginia Madsen
Danny Huston
Rhona Mitra
Logan Lerman
監督:Joel Schumacher

アメリカ 2007年
★☆☆☆☆
ミステリー


予告に騙された!ストーリー展開だけ聞いているとすっごい面白そうだったのに速攻オチがわかって最悪でした。

以下思いっきりネタばれ。

こーいう記憶喪失オチってやつ大嫌い。そりゃ忘れてりゃどんな展開にだって出来るし。夢オチと並ぶくらい興醒めする終わり方。

そもそも本を読んでてあそこまで23に執着するのもおかしいと思うんだけどなぁ。そこは本人だったからしょうがないだろうけど。それもヒントになるし、何より本の再現映像をジムキャリー本人が演じてから疑問を抱く前に普通に本人が書いたんじゃないの?って思っちゃうし。

妻とあの男が浮気してて邪魔になった旦那を消すために2人で仕組んでたってのはどう?(笑)ちょっと無理があるけど突然協力的になっちゃった時にふと思ったオチ。本見つけたのだって妻だったしね。



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ナンバー23

 『それは一冊の本からはじまった』  コチラの「ナンバー23」は、ジム・キャリーが数字に執着する男をシリアスに熱演するR-15指定のスリラーで、奇しくもって言うかきっと狙ってでしょうけど、11/23に公開となったのですが、早速観て来ちゃいましたぁ~♪  本国アメ

ナンバー23-(映画:2007年137本目)-

監督:ジョエル・シューマッカー 出演:ジム・キャリー、ヴァージニア・マドセン、ローガン・ラーマン、ダニー・ヒューストン、ローナ・ミトラ、リン・コリンズ 評価:80点 公式サイト (ネタバレあります) 結構素直に映画にのめりこんでいたからだろうか、あ...

ナンバー23

【映画的カリスマ指数】★★★☆☆ 『23』がいざなう、記憶の彼方 

コメントの投稿

Private :

akkyちゃん、
こんにちは。
あれれ、この映画タノシミにしてるんだけど
ダメだったのね~。
観てからレビュー読ませてもらいますわ☆
リトルチルドレン、観てきましたよん。
共感は出来なかったけど、良かった♪面白かった~。


migさん
私も予告見た限りでは一体どんなびっくりがあるんだろー!って楽しみにしてたんですが見事に裏切られました(笑)
日本でも秋公開ですよね!ジム・キャリーはコメディよりシリアスなほうが私は好きです。彼の演技はすごくよかったですよ!
カテゴリー
プロフィール

akky

Author:akky
好きな俳優はジョニー・デップ、ガエル・ガルシア・ベルナル、キリアン・マーフィー。

新作を中心に作品のレビューをしています。日本公開前の作品になることが多いのでこのブログで見てみたい映画を発見できる機会になれればいいな、と思います。


SEO対策
Last.fm
My Top Albums
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
350位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋画
35位
アクセスランキングを見る>>
最近の記事
最近のコメント
リンク
メールフォーム
質問などあればどーぞ★

名前:
メール:
件名:
本文:

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。