スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Butterfly Effect



小さい頃からよく失神をする子供だった主人公エヴァン。小学校で将来何になりたいか、を絵に描いたのだが彼が描いた絵は殺人をしている自分。母親を呼び出し直接エヴァンに絵のことを聞くが、彼は覚えてないと答える。家にいるときも無意識のうちに包丁を握っていたことも。数年後、幼馴染のケイリー、彼女の弟のトミー、レニーと悪ふざけをして遊ぶ毎日。エヴァンはケイリーに夢中だったが14歳のとき引越しをしてしまいそれ以来、2人は疎開になっていた。大学生になり、久々に故郷に戻りケイリーと再会するが、次の日トミーからケイリーが自殺をしたという電話をもらう。ショックを受けるエヴァンだったが、医者の勧めで記憶喪失を防ぐために子供のころからつけていた日記を発見する。それを読み返すと過去の自分に戻り、その時の出来事を少し変える事によって現在の自分の状況を変えれる事を知ったエヴァンはケイリーとの約束「I'll come back for you」を守るため何度も過去を変えようとする。




ストーリーがすごくおもしろかった。ケイリーを守るために過去を変えるんだけど、結局誰かしらが不幸になる結果になってしまうので、何度も何度もやり直す。少年時代のシーンではショッキングな出来事が多くて、これからどうなるんだろうって感じだったんだけど基本は「ケイリーへの愛」で成り立っている話なのでカナリ感動でした。


Ashton Kutcher
Amy Smart
Elden Henson
Melora Walters
監督:Eric Bress


★★★★★


バタフライ・エフェクト プレミアム・エディション
バタフライ・エフェクト プレミアム・エディションアシュトン・カッチャー エリック・ブレス J・マッキー・グラバー

ジェネオン エンタテインメント 2005-10-21
売り上げランキング : 130

おすすめ平均 star
star号泣ではなく、胸が締め付けられるラスト
star微妙な変化が大きな違いに
starまさに、せつないハッピーエンド。心に残ります。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ネタばれありのもう1つのラストシーンについて知りたい人はread moreをクリック
DVDには2ヴァージョンあって、ラストシーンが違いました。アメリカで公開されたほうは最後、赤ちゃんのときの自分に戻り生まれてくる前に自殺をするというもの。カナリ悲しいよね。だってそうすることによって今いるエヴァンは生まれてなかったことになるんだもん。もう1つは最後、始めてケイリーに会った日に戻るの。そこでケイリーにお前のことなんて嫌いだよ、って言ってしまう。その結果、ケイリーとエヴァンは友達にすらなってなかった=ケイリーは自殺せずにエヴァンとは全く関わらず人生を送ることになる。私は2つめのラストシーンのほうが好きだったな~最後、お互いを知らない2人が街ですれ違うの。どっちのラストもケイリーを救うためにエヴァンが選んだわけで。感動です。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

やってきました。初コメント!
これ観ようかどうか迷ってて、そんな時ここに来たら紹介してるじゃん!で、結局観ちゃった。
こっちで借りたDVDには一応消されたシーンの最後のほうに違うラストシーンが2つ入ってたんだけど、その名も「stalking ending」と「happy sassy ending」前後関係がなくて全然わかんなかったんだよね・・・。今read moreの方読んで納得。
かずえでした。

かずえちん>
実は私も最初見たとき意味わかんなくてさー。
けど意味わかったらエンディング超切ないじゃん!って感じで感動でした(笑)

こんにちは☆
また遊びに来ちゃいました(笑)

『バタフライ・エフェクト』は大好きな作品の一つです。
DVDも買ってしまいました・・・。

どうしてもディレクターズ・カットバージョンのエンディングが観たかったので。

やっぱり消去されたエンディングなだけあって、ヘヴィで悲しいラストでしたね。
でも、こっちの方がしっくりくる・・・(涙)

アシュトン・カッチャーをゲットしたデミ・ムーアが超羨ましいですね~。

マイコさん>
こんにちわ~私もこの作品好きです~!
発想がおもしろいですよね!アシュトンの映画ってあんまり~ってのが多い中この作品は別です!
エンディングどっちも悲しいですよね~
デミムーア、きれいですけどアシュトンは若すぎでしょ~って感じです!
カテゴリー
プロフィール

akky

Author:akky
好きな俳優はジョニー・デップ、ガエル・ガルシア・ベルナル、キリアン・マーフィー。

新作を中心に作品のレビューをしています。日本公開前の作品になることが多いのでこのブログで見てみたい映画を発見できる機会になれればいいな、と思います。


SEO対策
Last.fm
My Top Albums
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
537位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋画
54位
アクセスランキングを見る>>
最近の記事
最近のコメント
リンク
メールフォーム
質問などあればどーぞ★

名前:
メール:
件名:
本文:

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。