スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラッド・ダイアモンド





内戦が続くアフリカ、シエラレオネ共和国。息子が自慢の善良な猟師ソロモンは、家族とつつましく暮らしていたが、突然反政府軍 RUFの襲撃により、家族は散り散りに、ソロモンはダイヤモンドの採掘場で働かされることになる。その採掘場で巨大なピンク・ダイヤを発見。家族を救い出す手立てとして、誰にも知られない場所へ隠す。そのダイヤモンドを聞きつけたダイヤの密売人ダニー・アーチャーは、家族探しを手伝う代わりに、ダイヤの隠し場所を教えるよう迫る。その家族探しには、RUFの資金源になっているダイヤの密売組織を追いかけていたマディーが手伝うことに。こうして3人それぞれの思惑をかかえて、ピンク・ダイヤを探す旅に出るが…@ぴあ






Leonardo DiCaprio
Djimon Hounsou
Jennifer Connelly
Arnold Vosloo
Michael Sheen
監督:Edward Zwick

アメリカ 2006年
★★★★☆
ドラマ


ぽすれんでレンタルする



djimon_hounsou5.jpg


レオのアカデミー賞ダブルノミネートでも記憶に新しい今作品だけあって彼の演技のすごさに圧倒されたよー。タイタニック以降あまり好きではなかったんだけど、最近の素晴らしいほどの活躍に納得の演技。

それにしても同じ地球上であれほどまでにひどいことが行なわれているとは...無知な自分が恥ずかしくなりました。特に子供達は悲しすぎる。あんなに幼い少年達が普通に人を殺すようになってしまうなんて。内戦の激しさが収まらないのは先進国の人たちのせいってのはロード・オブ・ウォーでもやってたよね。

リアリティのあるストーリーに社会的メッセージも痛いほど伝わってくる今作品。こういった作品が作れるのはハリウッドならではかと。良い映画です。













トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

映画~ブラッド・ダイヤモンド

 「ブラッド・ダイヤモンド」公式サイト本年度アカデミー賞、主演男優賞ノミネート作品1990年代後半のアフリカ、シエラレオネでの激しい内戦を描いた社会派アクション映画。ダイヤの密売人であるダニー・アーチャー(レオナルド・ディカプリオ)は、巨大なピンク・ダイヤを

ブラッド・ダイヤモンド - ダイヤモンドは女の子の一番の友達?

ゴールデングローブで 一人で主演賞に二つもノミネートされたのは そう レオナルド・ディカプリオ。前に ハリウッドって 人気者には冷たいと 嘆いておりましたが、はい ファンです。かわいいから 

「 ブラッド・ダイヤモンド / Blood Diamond (2007) 」

監督 : エドワード・ズウィック 出演 : レオナルド・ディカプリオ/ジェニファー・

「ブッラッド・ダイヤモンド」映画感想

各所で骨太ドラマと評判の良い映画「ブッラッド・ダイヤモンド」(原題 BLOOD

ブラッド・ダイアモンド

内戦が続くアフリカ。漁師のソロモン・バンディー(ジャイモン・フンスー)は、村を襲撃してきた“RUF”によってダイヤモンド採掘場へと連れていかれる。離れてしまった家族を思いながら、ダイヤモンドを採掘する日

ブラッド・ダイヤモンド

石言葉は「永遠の絆・純潔」

【2007-48】ブラッド・ダイヤモンド(BLOOD DIAMOND)

地球の奥で生まれた──幻のダイヤそれは人を狂わせるダイヤの価値を決める“4つのC”──color(色) cut(カット) clarity(透明度) carat(カラット)しかし、実は5つめのC<conflict(争い)>が存在することを、あなたは知る──[自由][....

ブラッド・ダイヤモンド(試写会)

【映画的カリスマ指数】 ★★★★★ 血塗られたその輝きが明かすもの 

「ブラッド・ダイヤモンド」見ごたえ充分、世界の真実も見えてくる

「ブラッド・ダイヤモンド」★★★★☆見ごたえアリ、オススメ!レオナルド・ディカプリオ、ジェニファー・コネリー主演エドワード・ズウィック監督、2006年アメリカ舞台は90年代、内戦中のアフリカのシエラレオネ。政府軍とゲリラが戦うが政府軍とゲリ...

ブラッド・ダイヤモンド/ Blood Diamond

レオナルドディカプリオが、今年のアカデミー賞、主演男優賞でノミネートされた作品{/ee_3/}結果としてはアミン大統領を熱演したつるべーフォレストウィテカーに持ってかれちゃったけど、(さすがにあの演技には負けるね)ゴールデングローブ賞でもこの作品と『ディパーテッ

コメントの投稿

Private :

akkyさん♪
私もコレ、観てきました!
そして私もディカプはタイタニックから下降気味だったの、、、でもこの作品は良かったな☆
社会派的な内容と、ハリウッドらしいアクションがいい感じに絡まっていましたね。
ちと長かったけど見ごたえアリ!でした。

私もいま、見終わったよー。
いやー超intenseだったね。
しかもかなりバイオレンスだし。
でも本当に考えさせられるよね。
eye openingとはその通りだわ。

感想書いたらTBおくりまーす。

はじめまして

はじめまして。

シネマトゥディから来ました。

アメリカ在住だと最新映画が観られていいですよね。
羨ましい!

TBさせてくださいね。
では失礼します。

きららさん>
私もタイタニック以降レオはダメだったんですがこの作品とディパーテッドで見直しましたよー!いい演技でしたよねっ!
長かったのは同感です。。。しかも内容も重いから疲れましたw

あすかちゃん>
こういう社会派はハリウッドが作ってこそ意味があるよねー。いろんな人が見て考えるきっかけになると思うし。

プリシラさん>
はじめまして!コメントありがとうございます。
アメリカ映画は公開はもちろん早いのですがヨーロッパ映画や邦画がなかなか入ってこないのが不満です(笑)
ブログ遊びに行かせてもらいますねー!

初めまして~こんにちは。
TBありがとうございます!

重い内容ですが、俳優人の皆さん素晴しい演技でしたね。
レオ君の演技には、初感動かもしれません。

今後とも宜しくお願いします。

akkyさん、こんにちは。この映画、わたしの中では優先順位が低くて「そのうち見ようかな」だったのですが、akkyさんは高評価ですね。わたしも見ておこうかしら。

ところで、上述コメントの横レスで失礼します。数日前に映画館で上映される映画の製作国の割合についての新聞記事を見ました。ドイツでは政府や州が支援しているにもかかわらず映画産業が傾いています。アメリカでは国民一人あたりが年に5回映画に行く計算になるのに、ドイツでは一人あたり1回だとか。ただしアメリカで上映される全部の映画のうち、1パーセント未満がヨーロッパ映画だと知り、驚いたのです。ずいぶん少ないようですね。そういうドイツも70パーセントはアメリカ映画を上映しているそうですが。わたしも東京にいた時は、上映時期が遅くても色々な映画を見られたのにな、と時々寂しくなります。

オリーブリーさん>
最近のレオの活躍はすごいですよね。いい俳優さんだと思います。
こちらこそよろしくお願いしますー!

バニさん>
私も最初は見る気しなかったのですがなかなか良い作品でしたよー!見て損はなしですのでぜひ☆

ドイツの映画事情教えてくれてありがとうございます!最近はよくドイツ映画を見る機会が増えましたがアメリカに入ってくるのはほんと一部の作品です。映画館で公開されるのは99%がアメリカ映画ですし、アメリカ映画でもインデペンデント作品となると全米で数館での上映とかですもん。なのでどこへ行っても同じ作品が上映されてるという感じなので専らDVDで鑑賞が多いです。
それに比べ東京はいろんな国の作品が入って来ますよねー。日本で公開されているヨーロッパ映画など見たいのにアメリカにはまだ来てないってこともしょっちゅうですよぉ。
カテゴリー
プロフィール

akky

Author:akky
好きな俳優はジョニー・デップ、ガエル・ガルシア・ベルナル、キリアン・マーフィー。

新作を中心に作品のレビューをしています。日本公開前の作品になることが多いのでこのブログで見てみたい映画を発見できる機会になれればいいな、と思います。


SEO対策
Last.fm
My Top Albums
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
471位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋画
45位
アクセスランキングを見る>>
最近の記事
最近のコメント
リンク
メールフォーム
質問などあればどーぞ★

名前:
メール:
件名:
本文:

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。