スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Viaje de Carol, El キャロルの初恋




1938年の春、内戦に揺れるスペイン。キャロルはアメリカから母親の故郷であるスペインの小さな村へと向かっていた。彼女のアメリカ人の父親はファシズムと戦うために国際旅団として、この内戦に参加していた。こうした内戦の最中に、母親が故郷を目指したのには大きな理由があったのだが、キャロルはその理由を知らない。
祖父とともに母親が生まれ育った屋敷に馬車で向かっている途中、キャロルは腕白な3人組の少年にかぶっていた帽子を取られてしまう。この少年たちはスペイン滞在中のキャロルにとってかけがえのない存在となっていく。ファシズムの色合いが強くなっていくスペインの地で、キャロルは様々な経験を重ねながら、成長していく。@ムービーネット





いくら時代が戦争真っ只中だろうが、同じ村の中の大人たちが対立しあっていようが子供達には関係ない。アメリカから母の故郷であるスペインの北部の田舎へとやってきたキャロル。彼女はとってもお転婆でまだ子供なのに自分の意見を持っていてすごく真の強い女の子。一見強そうに見えるけれど戦争に行ってしまったお父さんのことを毎日想っている。

全く戦争とは関係ない子供達なのに、その代償を支払わなければならない。キャロルの初恋もそんな大人たちの勝手で起きている内戦によって悲しい結末を迎えてしまう。

最後、キャロルがアメリカへと戻る車内から見送りに来た少年たちの中にいないはずのトミーチェの姿があるシーンではちょとじーんとしました。


Clara Lago
Juan José Ballesta
Álvaro de Luna
María Barranco
監督:Imanol Uribe

スペイン 2002年
★★★☆☆
ドラマ ファミリー

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

カテゴリー
プロフィール

akky

Author:akky
好きな俳優はジョニー・デップ、ガエル・ガルシア・ベルナル、キリアン・マーフィー。

新作を中心に作品のレビューをしています。日本公開前の作品になることが多いのでこのブログで見てみたい映画を発見できる機会になれればいいな、と思います。


SEO対策
Last.fm
My Top Albums
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
453位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋画
47位
アクセスランキングを見る>>
最近の記事
最近のコメント
リンク
メールフォーム
質問などあればどーぞ★

名前:
メール:
件名:
本文:

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。