スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モーツァルトとクジラ




一見普通の青年ドナルド。しかし、彼はアスペルガー症候群という障害を抱え、平穏な日常生活を営むことが出来ずに悩んでいた。それでも同じような障害を持つ仲間たちとサポートグループをつくり定期的に集会を開くなど、社会に適応できる力を付けようとがんばっていた。そんなある日、その集会に新たなメンバーとして美容師のイザベラが参加する。思ったことをそのまま口にしてしまう自由奔放な彼女は、ドナルドとはまるで正反対の性格ながら、やはり同じ悩みを抱えていた。ドナルドはそんな彼女にたちまち魅了され、一方のイザベラも誠実なドナルドに好意を抱くようになるのだが…@allcinema.


「知的障害のない自閉症」と言われるアスペルガー症候群を扱ったラブストーリー。実在するアスペルガー症候群である夫婦の記事が新聞に掲載され、それを基に映画化された作品。

健常者であっても人との関係ってすごく難しい。障害を抱える2人はお互いをすごく理解したいと思っているのに出来ない。したくても障害のせいでより困難になってしまう。イザベラは良かれと思ってドナルドがいない間に部屋を掃除するんだけど、彼にとって生理整頓された部屋は恐怖以外の何物でもなくイザベラに怒鳴りつけてしまうだけ。イザベラを楽しませようと遊園地でリング投げのゲームをするドナルドだが、彼女は過去の心の傷からその場で泣き崩れてしまったり。そんな2人がぶつかり合いながらも愛を貫こうとする姿勢がすごく感動的でした。

役作りのために実際にアスペルガー症候群の人たちと交流したジョシュ・ハートネット。演技とは思えないくらいドナルドになりきっていて改めていい役者だなぁと思った。イザベラを演じたのはサイレント・ヒルのラダ・ミッチェル。気は強いけどとっても繊細でかわいらしい役で意外な感じでした。



Josh Hartnett
Radha Mitchell
Nate Mooney
Erica Leerhsen
Gary Cole
監督:Petter Naess

アメリカ 2006年
★★★★☆
ドラマ ロマンス

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

モーツァルトとクジラ

Mozart and the Whale製作:2005年 アメリカ監督:ペッター・ネス主演:ジョシュ・ハートネット★★★★★ (AA)

モーツアルトとクジラ /Mozart and The Whale

モーツアルトとイカじゃなくって、『イカとクジラ』じゃなくって、『モーツアルトとクジラ』観てきた{/face_hohoemi/}{/heartss_pink/}ジョシュ・ハートネット{/heartss_pink/}主演×『レインマン』の脚本家作品と言ったら観ないではいられません★'94年にあちらで公開され

映画:モーツァルトとクジラ

モーツァルトとクジラ(シネスイッチ銀座)「未来を約束できない。2日になるのか20年になるのか」「それが普通だよ」(原題:Mozart&The Whale)ちょっと『エターナル・サンシャイン』を思い出しました。あの二人もちょっとエキセントリックだったもんね~。本作

『モーツァルトとクジラ』を観たよ。

シェアブログminiに投稿※↑は〔ブログルポ〕へ投稿するために必要な表記です。 こういう作品に出逢うと、「映画ファンやってて、よかったなぁ」と素直に実感する。『モーツァルトとクジラ』原題:"MOZART AN

アスペルガー症候群

アスペルガー症候群アスペルガー症候群(あすぺるがーしょうこうぐん:AS)は発達障害の一種であり、一般的には「知的障害がない自閉症」とされている。精神医学において頻用されるアメリカ精神医学会の診断基準 (DSM-IV-TR) ではアスペルガー障害と呼ぶ

モーツァルトとクジラ

銀座シネスイッチでの最終日にやっと観ることができました。もう、随分前になりますが、「レインマン」という映画(本作の脚本家でもあるロナルド・バスが脚本を担当)がありました。ダスティン・ホフマンが自閉症の男性を演じて、当時、ヒットした作品です。その作品を観た

モーツァルトとクジラ

かなり久々のテアトル梅田での鑑賞でした。よくよく考えたら最後に来たのは『トレイン・スポッティング』だったのでもう10年以上も前になるんだなぁ。また狭い劇場で整理番号が49番だったので前から二列目の一番端という首の疲れる座席になってしまいました。ドナ...

キュン死にしちぁぅょ★★★★★

最近ゎ、映画を?本観マスタ映画館とDVDが半々かなこまねこ (⇒ これっ)前々ヵラ観たぃって話してたトモダチと予定が合ゎなぃ限り一人で観に行くことになるかと思ってたんだけど、なんか…どぅ考ぇ

MOZART&THE WHALE モーツァルトとクジラ ジョシュの演技が光っている!

5月25日、京都みなみ会館にて、鑑賞しました。上映が一週間限定だったので、慌てて観にいきました。今や、ハリウッドで人気若手俳優のジョシュ・ハートネットが、今までとは違ったイメージの役を演じるのも、非常に興味もあり、また相手役のラダ・ミッチェルも「サイレント

『モーツァルトとクジラ』

モーツァルトとクジラ(2007/06/29)ジョシュ・ハートネット、ラダ・ミッチェル 他商品詳細を見る監督:ペター・ネス CAST:ジョシュ・ハートネット、ラダ・ミッチェル 他ドナル...

コメントの投稿

Private :

Not Subject

これ、面白そう!
さっそくリストに加えなくっちゃ~。
Netflixのリストばかりがでかくなる(笑)
ちなみに下のQuinceaneraもみたい!

私もリスト全然減らないんだけどっ!!!新作出るとそっち観たくなるからどんどん増えまくってたまに観るとなんでこの映画アドしたんだっけ?ってわかんなくなることも。。
この作品もおすすめだけど下のQuinceaneraはあすかちゃんもきっと好みの作品だと思うよー!!!マジで観てみてねーi-178

この作品、日本では今公開中で今日見てきました!ジョシュの演技すごく良かったですよね。相手を理解するっていうのは難しいことだけど、すっごく大事なんだなって思いました★

Not Subject

哉芽さん>
ジョシュすっごいよかったですー!!!
こんな役も演じられるんだなーって改めて関心!哉芽がジョシュにハマる気持ちわかりますよ☆TBありがとうございました!

Not Subject

akkyさん☆

こんにちはーTBありがとう♪

昨日、akkyさんの記事探したけどわからなかったのー(笑)
やっぱり観てましたか、
ジョシュはかなり良かったですね♪
ラダミッチェル、見なれたけど最初は「え??合わないー」
なんて思っちゃった。なかなかかわいいキャラでした。

Not Subject

migさん>
ラダミッチェル、イメージ的には強い女って感じがあったので(サイレントヒルでの判断ですが)最初はほんと違和感あったけど真の強い女ってことでなかなかよかったですよね。テーマとしても重いけど主演の2人がよかったー!
こちらこそTBありがとうございましたi-176

こんばんは。

この映画よかったですね。
障害者であっても健常者であっても
恋愛に悩んだり相手を傷つけたり
同じような恋愛をするんだなって所に
すごく共感を覚えました。
特に彼らは純粋なので自分の気持ちを
素直に表現できなかったりと
歯痒かったけど二人の恋愛を見守り
私も成長できたように感じました。

ALICEさん>
健常者だろうが障害者だろうが人を愛するってとっても大変なことなんですよね。
お互い求め合っているのに傷つけてしまう姿は本当に見ていて考えさせられました。
こういった隠れた名作がたくさん出て欲しいです。
コメントありがとうございましたi-179
カテゴリー
プロフィール

akky

Author:akky
好きな俳優はジョニー・デップ、ガエル・ガルシア・ベルナル、キリアン・マーフィー。

新作を中心に作品のレビューをしています。日本公開前の作品になることが多いのでこのブログで見てみたい映画を発見できる機会になれればいいな、と思います。


SEO対策
Last.fm
My Top Albums
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
395位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋画
41位
アクセスランキングを見る>>
最近の記事
最近のコメント
リンク
メールフォーム
質問などあればどーぞ★

名前:
メール:
件名:
本文:

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。