スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不都合な真実




地球の温暖化によって引き起こされる数々の問題に心を痛め、人々の意識改革に乗り出すべく、環境問題に関するスライド講演を世界中で行うアメリカ元副大統領アル・ゴア。そんな彼の勇気と希望に満ちた闘いを追いながら、人類が滅亡するまでの真実のシナリオを明らかにしていく。


「一瞬だけ大統領になった男」こと元副大統領のアル・ゴアさんが人類にとって不都合な真実を語っているドキュメンタリー作品。ブッシュじゃなく彼が大統領になっていたら今頃世界情勢も違っていたはずと思えて仕方ありません。

アメリカで最初公開されたときは77館と少なかったのにも関わらずトップ10入りする大ヒットとなった作品なんだけど、この作品がヒットすることが皮肉だなぁと思います。ぶっちゃけ内容は高校で勉強したようなことばかりでいまさら驚くようなことはなかったです。たぶん日本人が見たらほとんど知ってる内容だと思う。細かい数字とかは別としてね。

アメリカでこの映画がヒットしたのは今までアメリカ人が地球温暖化に興味がなかったからだと思う。なんせこの国リサイクルなんて全く関心なしの排気ガス出しまくりな車社会ですから。地球温暖化に一番影響している国なのに京都議定書にはサインをしていないし。今更びっくりなアメリカ人。

アメリカ人の環境に対する反応に対して皮肉っていたかえるの映像(いきなり熱いお湯にかえるを入れようとしても飛び出すけど、冷たい水の中に入れておいて徐々に温度を上げても気がつかないというもの)だけど、確かに違いを見せられないといかに温暖化によって環境が破壊されているかなんてわからないんだよね。

まぁだからこの映画がヒットして少しでも多くのアメリカ人、世界中の人が温暖化について考えるきっかけになればいいんじゃないでしょうか。それがそもそもアル・ゴアさんの目的でもあるし。ネットで無料でDLできるようにしたいみたいだしね。

アル・ゴアさんのレクチャーの仕方はすごくうまいし彼の熱意もすごいと思ったんだけど2時間近く大学の授業のような映像を観ているのはちょっとキツかったです。

Al Gore
監督:Davis Guggenheim

アメリカ 2006年
ドキュメンタリー

不都合な真実
不都合な真実アル・ゴア 枝廣 淳子

ランダムハウス講談社 2007-01-06
売り上げランキング : 180


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

不都合な真実

不都合な真実(2006 アメリカ)原題   AN INCONVENIENT TRUTH     監督   デイヴィス・グッゲンハイム        音楽   マイケル・ブルック       出演   アル・ゴア「あのときゴアが勝っていれば…」if もしも話はむなしいだけであることは百

「不都合な真実」映画館で500円で見てきた感想

実は土曜日に見ようとしたら、キャンペーン中に付き日曜日限定で500円で見られる、

不都合な真実

人類唯一の故郷、地球が悲鳴を上げている。今、わたしたちにできることは?

映画~不都合な真実

 「不都合な真実」公式サイトこれまた恐ろしい作品です。真剣に取り組まないと将来が、、、アメリカの元副大統領アル・ゴアが、温暖化へと突き進む地球を憂い、温暖化によって引き起こされる数々の問題を説くドキュメンタリー映画。地球の温暖化によって引き起こされる数々

不都合な真実

不都合な真実2007年1月20日 | 上映時間 = 94分| 製作国 = アメリカ| 言語 = 英語| 制作費 = | 興行収入 = | 前作 = | 次作 = | allcinema_id = 325452| kinejun_id = | amg_id = 1:342290| imd

不都合な真実

【映画的カリスマ指数】星取りはなし 地球人なら観るべき映画 

つべこべ言わずにコレを見よ!【不都合な真実】

「一瞬だけ大統領になったアル・ゴアです」 という自虐ネタから始まる「不都合な真実

An Inconvenient Truth (2006)

【邦題】不都合な真実【あらすじ】二酸化炭素などの温室効果ガスが増えることで地球の気温が上がる「地球温暖化現象」。これにより海水面の上昇や異常気象、巨大ハリケーンの発生、生態系の変化といった事態が引き起こされ

不都合な真実

勉強したなぁと思わされる作品でした。映画を観るというよりは、元米国副大統領、現ブッシュ大統領を獲得票数で上回りながら選挙に負けたゴア氏の地球温暖化についての講演会に参加するという感じ。映像にも、ゴア氏の講演の聴衆の姿がありますが、自分もその一部になってい

不都合な真実

ゴアと聞くと『マグマ大使』を思い出すのは日本人だけだ。

不都合な真実-(映画:2007年28本目)-

監督:デイヴィス・グッゲンハイム出演:アル・ゴア評価:80点公式サイト先日のアカデミー賞で、最優秀長編ドキュメンタリー賞を受賞。おめでとうございます。誰もが耳にしたことがある「地球温暖化」そろそろやばいんじゃないかと感じている「地球....

「不都合な真実」

??「不都合な真実」の『不都合な部分』。2/17 TOHOシネマズ府中 にて監督:デイヴィス・グッゲンハイム出演:アル・ゴア(ドキュメンタリー)前から見たかったのだけど、なかなか近くで公開されない。 銀座で見るのも、ましてや六本木に出るのも面倒くさい

【2007-29】不都合な真実(AN INCONVENIENT TRUTH)

地球の裏切りか?人類が地球を裏切ったのか?地球を愛し、子供達を愛する全ての人へ──。アル・ゴアが半生を捧げて伝える人類への警告。

「不都合な真実」を観てきました

 地球温暖化を描いた映画(なのか?)不都合な真実を見てきました。

陽はまたのぼりくりかえす

『不都合な真実』を観た。ブッシュに不都合な票の数え直しにより、隠蔽された真実の得票数。幻の米大統領アル・ゴアが生涯を賭けて訴える「地球温暖化の現実」。 作品自体に派手な演出は皆無で、ゴアの講演と生い立ちを淡々と見つめ続ける。地球の環境危機...

『不都合な真実』'06・米

あらすじ地球温暖化問題に心痛めた元米副大統領のアル・ゴアは環境問題に関するスライドを世界中で開催。人々の意識改革に乗り出していく・・・。感想アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞受賞作品。元アメリカ合衆国副大統領、そして全米での得票率は上回りながらブッシュ..

映画『不都合な真実』

原題:An Inconvenient Truth 確かに凄い、これは誰もが感銘を受けるドキュメンタリーといっていいかもね・・自らの生い立ち、不都合な政治家達、驚愕の地球温暖化がもたらす脅威・・ カエルの例はとても分かりやすくて、その愚かなカエルの習性と、なんら変わ

コメントの投稿

Private :

Not Subject

こんばんは☆
高校で習ったのか、、、そうか。
私が忘れているだけなのか、時代の違いなのか、、、笑

でもたしかにいろいろ考えるきっかけになりました!
日本で500円でロードショー作品が観れるって凄いと思うけど、どうせだったら毎日にしてくれればもっと考えるきっかけが増えるのにね!
無料ダウンロードもすごい!!

Not Subject

きららさん>
こんばんわー!きららさんもご覧になられたんですねー。
ねっこうやって大々的に映画公開してくれると考えるきっかけになりますよね。
実際起こっているけど自分達には関係ないっていう気持ちがどうしても出てしまいますし。日本でも若い人を中心に見る人が増えて欲しいです!
TBありがとうございました。
カテゴリー
プロフィール

akky

Author:akky
好きな俳優はジョニー・デップ、ガエル・ガルシア・ベルナル、キリアン・マーフィー。

新作を中心に作品のレビューをしています。日本公開前の作品になることが多いのでこのブログで見てみたい映画を発見できる機会になれればいいな、と思います。


SEO対策
Last.fm
My Top Albums
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
537位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋画
54位
アクセスランキングを見る>>
最近の記事
最近のコメント
リンク
メールフォーム
質問などあればどーぞ★

名前:
メール:
件名:
本文:

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。