スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Borat ボラット

borat_finalposter.jpg


カザフスタンのTVリポーター、ボラットはアメリカ文化をカザフスタンに伝えるためのドキュメンタリーを撮影しにNYへ。しかし、滞在先のホテルでたまたま観たベイウォッチのパメラ・アンダーソンに一目惚れ。結婚を申し込むためにLAまでボロボロの車で大陸横断へと出かける。



borat10.jpg


公開時かなりの話題になったこちらの作品。観て納得。

主役で出てくるカザフスタンのリポーターボラットはイギリスのコメディアンサーシャ・バロン・コーエンが演じる架空の人物なんだけど、作品中にボラットがアメリカで会う人たちはみーんなボラットを本当にカザフスタンから来たリポーターだと思ってるの。映画だとは知るはずも無いから素の反応出しまくり。

このボラットがカナリの曲者で、人種&女性差別はすごくてトイレの使いかたも知らないような低モラルな人物。オープニングのシーンではいきなり Hi, I'm Borat. I like sex. ですから。濃厚なキスで紹介する女性は奥さんだと思ったら 僕のシスターです。カザフスタンで4番目に人気な売春婦です。始まりの時点で爆笑。

NYに着いてから地下鉄で会う人に挨拶していくボラット。カザフスタンの習慣だかなんだか知らないけど自己紹介したあとに男女構わずキスをしていくんだけど、ここでのアメリカ人の反応がすごい。使うべきではないはずのFワードを連発で逃げていくアメリカ人たち。

ユダヤ人嫌いなボラットが泊まった先のB&Bのオーナーがユダヤ人だとわかり夜中に逃げ出したり(ボラット演じるコーエン自身ユダヤ人)、フェミニスト団体の人たちにわざと女性差別な発言をしたり、保守的な白人ばかりいるロデオの会場でアメリカ国歌の替え歌を歌ったり。一見バカなことやってるなぁって感じなんだけど、アメリカにあるユダヤ人や旧ソ連の国々への偏見を逆手に取ったギャグなので社会風刺映画としての意味のほうが強い。

映画に出てくる人たちが起訴していることでも話題になったこの作品。タダ単におバカ映画としてだけでなく、社会風刺もすごくてなかなか奥の深い映画でした。

Sacha Baron Cohen
Kenneth Davitian
Luenell
Pamela Anderson
Pat Haggerty
監督:Larry Charles

アメリカ 2006年
★★★★☆
コメディ

ゴールデングローブ賞:2部門ノミネート

予告はこちら。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2007年はサシャ・バロン・コーエン???

FOXは、写真の大きさから判断すると一押しは「ダイハード4.0」?全体のデザイン

ボラット

ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習Borat: Cultural Learnings of America for Make Benefit Glorious Nation of Kazakhstan(2006年/アメリカ/ラリー・チャールズ監督/公式サイト)カ...

「 ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習(2007) 」

監督 : ラリー・チャールズ 出演 : サシャ・バロン・コーエン  / ケン・ダヴィ

「ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習(BORAT)」映画 感想

どちらかと言うとPOC3よりも楽しみにしていた「ボラット 栄光ナル国家カザフスタ

ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習

「よくぞ、ここまで!!!」と脱帽するしかない、そんな作品です。カザフスタン国営放送のレポーター、ボラットは、国家情報省の命により、ニューヨークに派遣されます。その目的は、母国、カザフスタンの発展のため、アメリカ文化を学ぶこと。アメリカン・ジョークを学んだり

映画「ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習」

原題:Borat: Cultural Learnings of America for Make Benefit Glorious Nation of Kazakhstanユダヤ系イギリス人なのに、カザフスタン国営テレビ突撃レポーターとしてアメリカと合衆国を縦断、下品なることこの上なく、ユダヤ人まで蹴散らしていく・・・ ボラット(サシ

ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習

【映画的カリスマ指数】★★★★☆  このヒゲ男・・・危険につき 

【2007-73】ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習(BORAT: CULTURAL LEARNINGS OF AMERICA FOR MAKE BENEFIT GLORIOUS NATION OF KAZAKHSTAN)

ボラットが暴れるほど本当のアメリカが見えてくるバカには理解できないバカです

ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習

 これは期待はずれ。  大いに笑えたことは、今年観た映画の中で随一といっていいくらいですが、それも中盤まで。後半はかなり不快感も感じたことも事実です。  ひとつは、あまりに下品なネタが多すぎること。

ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習-(映画:2007年97本目)-

監督:ラリー・チャールズ出演:サシャ・バロン・コーエン、ケン・ダヴィティアン、ルネル評価:60点公式サイト(ネタバレあります)カザフスタンのテレビ局レポーター「ボラット」が、祖国のためにアメリカ文化を学ぼうとニューヨークに向かう。そしてカ....

ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習

いろいろなDVDの予告編に入っていて気になってました。 DVDで観賞。 カザフスタンの国営テレビのレポーターのボラットは、 アメリカ文化をリポートする番組を作るため、 プロデューサーのアザマートと共にニューヨークにやってきた。 宿泊したホテルで『ベイウォッ...

コメントの投稿

Private :

Not Subject

こんばんは★

これ、話題になってましたよね。
全米では超ヒットしたみたいで・・・。

日本では公開されなさそう(笑)
DVDスルーかな。
コメディはどうしても国によって笑いのツボが違うから難しいですよね。

でも観てみたい!!

マイコさんへ

日本だと劇場公開はなさそうですよねぇ。
あっても1年後とかになりそう。

この映画のギャグは汚い系が多かったのでちょっとひいちゃったとこもありました。
日本人にもうけそうでしたよーw

akkyさん、こんにちは。『ボラット』、わたしも見ました!映画館に行かず、DVDを待っちゃったんですけれどね。いやー、昨夜見て笑いすぎたので、今日はお腹が筋肉痛です(笑)。

〉タダ単におバカ映画としてだけでなく、
〉社会風刺もすごくてなかなか奥の深い映画でした。

ですね。トラックバックさせてくださいね。

# 連絡が遅くなってごめんなさい、BlogPeopleからリンクさせてもらっています。

バニさん>
筋肉痛になるほど笑えたって納得です!!アメリカ人これを見て笑う前に自分達の国なんとかしなよ、とも思ってしまいましたけど(苦笑)
リンク大歓迎ですよー!ドイツ映画やヨーロッパ映画バニさんのところで見たい作品チェックさせてもらってますのでi-176
TBもありがとうございました!
カテゴリー
プロフィール

akky

Author:akky
好きな俳優はジョニー・デップ、ガエル・ガルシア・ベルナル、キリアン・マーフィー。

新作を中心に作品のレビューをしています。日本公開前の作品になることが多いのでこのブログで見てみたい映画を発見できる機会になれればいいな、と思います。


SEO対策
Last.fm
My Top Albums
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
285位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋画
33位
アクセスランキングを見る>>
最近の記事
最近のコメント
リンク
メールフォーム
質問などあればどーぞ★

名前:
メール:
件名:
本文:

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。